体調を崩さないために|赤ちゃんに授乳しやすくて着心地の良い授乳服があります
赤子

赤ちゃんに授乳しやすくて着心地の良い授乳服があります

体調を崩さないために

水

安全な硬度とは

赤ちゃんに水を飲ませて良いのか、疑問に思う親も多いです。結論から言うと赤ちゃんに水を飲ませる必要はありません。母乳やミルクで栄養補給と水分補給が出来るからです。しかし、離乳食が始まる生後5〜6か月頃から少しずつ飲ませる必要があります。飲む水は硬度が低いミネラルウォーターが適しています。赤ちゃんはミネラルを分解する機能が発達しておらず、硬度が高いものだとミネラルが多く含まれており、下痢や腹痛など体調不良になる可能性が高くなるためです。また、市販で売っているミネラルウォーターはおおよその硬度が決まっており、胃腸への負担を気にすることなく使用できるのもメリットです。その他にも純水は赤ちゃんにとっておススメです。これは不純物の混じっていないもので、ろ過することでミネラルや雑菌など、すべてを除去することが出来ます。ペットボトルやウォーターサーバーで販売されています。

補給方法の考慮

赤ちゃんに飲ませる水は離乳食が始まる頃が適切ですが、母乳が出ない時や体温が上昇している時には補給する必要があり、生後2か月以降であれば飲ませても大丈夫です。しかし、多くの量を飲むとお腹を壊したり母乳やミルクを飲まなくなることがあるため、一回量を20mlを目安にすることが大切です。また、冷たい水であると低体温症になり免疫力が低下することが考えられるので、30〜40℃で人肌程度の白湯が適しています。他の注意点としては母乳やミルクと比べて味がないため、赤ちゃんが飲んでくれないことが挙げれます。少しずつ味つけ、慣らしながら飲ませることが良いでしょう。赤ちゃんの水は硬度や飲む時期などを考慮することで、体調不良の心配なく安全に摂取することが可能です。赤ちゃんのことを第一に考えて適切な知識を身につけましょう。